2017年4月6日木曜日

突撃!隣のこまけん民 その2

 新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!!
 どのサークルに入るか悩んでいらっしゃる方も多いと思いますが、模擬国連駒場研究会も新歓活動中ですので、是非遊びに来てください!!
 詳しい新歓のスケジュール等はホームページに記載しておりますので、ご確認のほどをお願いします。

 さて、「突撃!隣のこまけん民」の第2弾ということで、今回の回答者は駒場研究会 総務統括の石本達也(東京大学理科一類2年)です。

Q 理系の人でも模擬国連できますか?
A はい、できます。
 模擬国連には理系学部を含め様々な学部の方が参加しています。文系も含め多くの人が最初はほとんど知識量ゼロの状態で、そこから議題や担当国について調べます。だから、最初から出遅れるといったようなことはありません。
 また模擬国連では人権といった、理系にとってとっつきにくそうな議題ばかりではなく、宇宙空間の利用や食料問題、サイバーテロなど理系の方でも取り組みやすいような議題も扱っています。

Q 模擬国連駒場研究会に入ったきっかけは?
A 高校生のときに全日本高校生模擬国連大会に出場しました。そこで会議準備で担当国や議題に関することを調べて普段授業やニュースで見るものとは異なったものが見えて面白かったのを覚えています。そこに惹かれて大学でも続けようと思って今も続けています。

今回は以上です!この後も何人かに質問をぶつけていこうと思うので、お楽しみに(^ ^)/

2017年4月4日火曜日

突撃!隣のこまけん民 その1

 お久しぶりです。約1年4カ月の投稿となります(笑)。
 中の人も変わってこれから1年定期的に更新していきますので、よろしくお願いします。

 これから数回にわたって駒場研究会のFacebookページで投稿していたコーナー『突撃!隣のこまけん民』を連載していこうと思います。
 このコーナーは、駒場研究会とは一体どんなサークルなのかをインタビュー形式でお伝えするコーナーです。
 記念すべき第1回目の回答者は今年度会長を務める、孔 德湧(東京大学教養学部文科二類)です。

Q そもそも、模擬国連って何ですか?
A 模擬国連は、学生が一人一人どこかの国の大使になり、国連などでの国際会議をシミュレートする活動です。国際問題への知識が深まるのはもちろん、会議での交渉を通じて交渉力が身についたり、他国との対話を通じて対話力が身についたり、いろんな国の大使になることによって多角的な視点が身につくのが魅力です。
Q では、駒場研究会って?
A 東京大学を中心に活動する模擬国連サークルです。東大だけでなく、お茶の水女子大学や青山学院大学、東京外語大など様々な大学に会員がいます。議論のレベルの高さや優秀な会員が多数在籍することが魅力です。週一の活動で気軽に参加できます!また今年は海外大会に出場する予定です!

初回の質問は以上です!次回もお楽しみに〜



2015年12月5日土曜日

駒場祭 カフェ駒場大使館

こんにちは、こまけんの駒場祭出店企画「カフェ駒場大使館」で店長を務めさせていただきました駒場研究会9期新メン、東京大学理科一類1年の舟久保大樹です。私からは今回の企画についての報告をさせていただきます。


 わたしたち模擬国連駒場研究会は毎年、東京大学の駒場祭で企画としてカフェを出店しています。

 今回のカフェでは、一般のお客様に普段私たちがどのような活動をしているのかを紹介するために、特に展示に力を入れました。展示では、今年が国連70周年であることに基づいて、「今まで国連ではどのようなことをしてきたのだろうか?」「そのためにどのような影響が起こったのだろう?」ということを主眼に置いて、わかりやすさを心がけたものを作成しました。


 開店してみると、たくさんのお客様に入っていただいただけではなく、将来、模擬国連に取り組みたい、と考えている高校生や中学生(!!)が訪ねてきてくれました。


 自分たちが狙った通りにお客様が楽しんでいかれる様子を見ることで、私たちも多くの満足感を得ることができました。店長として多くの経験を得ることができたことは素晴らしいことでしたし、店長として不甲斐ない働きしかできなかった自分を支えてくれたこまけんのみんなに感謝しています。ありがとう!!

2015年12月2日水曜日

模擬国連ペンシルベニア大会


こんにちは、駒場海外大会派遣で団長を務めさせていただきました駒場研究会旧メン、東京大学文科2類2年の山本新です。私の方から、駒場海外大会派遣について報告させていただきます。

 

駒場研究会は毎年、海外の模擬国連大会に大使団を派遣していて、今年は1年生3人と2年生5人の計8人が111017日の間渡米し、アメリカのペンシルバニア大学の模擬国連大会UPMUNCに参加しました。ただ大会に参加するだけでなく、付近の政府機関や国際機関の職員の方とお話する機会(ブリーフィング)もあり、非常に貴重な経験をすることができました。

 

今回は大会開催地がフィラデルフィアということで、大会前の数日をニューヨークで過ごし、国連本部においてDPKOPKO局)の日本人職員の方にお話を伺うことができました。DPKOの内情だけでなく、職員の方の個人的なバックグラウンドやグローバルな視点・発想を学ぶことができ、各々が国際機関、そして自らの将来へと思いをはせる機会となったようです。他にも国連に関係したお仕事をしている方にお話を聞き、もちろん観光も楽しみつつ、大会前の期間は過ぎていきました。









 

そして、いよいよ12日にフィラデルフィアに移動し、大会が始まりました。

UPMUNCはペンシルバニア大学主催の模擬国連大会であり、アメリカ全土からさまざまな参加者が集まります。ハーバード大学やイェール大学、シカゴ大学などの一流大学も参加していて、会議だけでなく大学間の交流が特徴と言える大会です。アメリカ人が参加者のほとんどを占める大会に、私たちはノルウェー大使として参加させていただきました。

 

会議については、それぞれ別の議題を受けもったためここで内容について触れることはしませんが、日本の会議とは形式も言語も違い多くの大使が戸惑っていたようです。私たちは会議についていくのがやっとでした。悔しい思いを味わいましたが、ただ挫折を味わっただけでなく得るものもありました。英語力の必要性や、自分の意見をはっきり伝える重要性、アメリカの文化など、今まで情報としてしか知らなかったものを参加者は身を持って実感することができました。単なる文化交流の場ではなく、アメリカ人社会のUPMUNCにマイノリティとして参加したからこそわかったことなのかもしれません。今回の経験が、今後の模擬国連ライフ、そして将来に役に立つものであれば、非常にうれしい限りです

 









最後に駒場研究会海外派遣を盛り上げてくれた海外大会の参加者や、忙しい中ブリーフィングをしてくださった方々、補佐として大会前から大会中まで支えてくれた松田、留守を守ってくれた駒場研究会の皆に感謝の意を表して報告を終わらせていただきます。

2015年11月27日金曜日

新メン会議 2015


こんにちは、こまけん新メン会議で会議監督を務めさせていただきました駒場研究会9期新メン、東京大学理科一類1年の舟久保大樹です。私からはこまけん新メン会議についての報告をさせていただきます。

 

今回のこまけん新メン会議は、1025日(日)に、「核不拡散条約再検討会議(NPT再検討会議)」を議題として会議を開催しました。(2015年の5月に実際の会議では決議文が採択されず、失敗したと世界中から失望されました。)また、今回の議題の性質上、国家同士のグルーピング行動が取られるため、多くの数の国が必要とされることが予想されましたので、他研の新メンにも多く声をかけていき、駒場研究会11名のほか、早稲田研究会5名、四谷研究会2名、国立研究会3名の計21名が参加しました。今回の新メン会議では、新メンが、「国益」と「会議益」についてどのようなバランスを持つべきか、ということについて考えてもらうために、交渉結果がそのまま国益に結びつくことがイメージしやすい「NPT再検討会議」を議題としました。

 

参加者には、今までの会議でどの部分が反省点としてあるのか(例えば、議論の流れが分からなかった、リサーチが不足していた)ということを会議の事前に聞くことで、自分に足りない部分を自覚してもらったり、何を目標とするべきかを考えたりしてもらいました。そして、目標達成のためにどのような行動を起こしていけばよいのか、ということも同時に考えてもらうことで、今回の会議を来年の旧メン代への成長の足掛かりとしてもらうことを狙いとしていました。

 

会議では、事前交渉の段階で核兵器国と非核兵器国にグループが分かれ、予想通り、非核兵器国の中でも主張ごとにグループが分かれる結果となりました。そして、具体的に話し合うことについては、現実の会議で起こった通り、中東の非核化についての話し合いが主なものとなりました。しかし、この「何について話し合うのか」ということが事前交渉の段階では定まっておらず、本会合で話し合われたので、DR提出前の多くの時間が使われてしまい、結果として、2本のDRのうち、体裁などの問題から1本しか通すことができませんでした。

 

結果として、アメンドメントの内容も落ちてしまったDRの内容をどこまで拾えるのか、というものとなってしまい、実質的な議論まで持ち込むことができずに終わってしまう結果となってしまいました。通った決議文は無事に採択されましたが、その内容にも穴が目立つ文言が多く、本当に各国大使が文言をしっかり読み込めているのか、疑問符をつけざるを得ず、決議案を一つの成果として優先させた、といった感想を持ちました。

 

新メン会議では、全体として、フロント陣も含めて、新メンの未熟さが浮き彫りになるものとなってしまいました。来年以降の旧メンとして、新メンの手本となるような会議行動を行うためにはまだまだ課題や問題点が山積しているという印象をうけました。今回参加してもらった新メンにはぜひ、今後の後期会議、強化会議で今回の新メン会議のリベンジを果たしてほしいと考えています。

 

最後に、私が会議監督であるにも関わらず、仕事を丸投げしてしまった会議監督兼議長の南、当日秘書官として会議を支えてくださった曽我さん、世喜さん、そして今回の会議に参加してくださった新メンの皆様に感謝の意を表して報告を終わらせていただきます。